現在の会社がブラックすぎて転職したい - ブラック企業からの出航(2020年6月改訂)

2020年6月6日

現在の会社がブラックすぎて転職したい - ブラック企業からの出航(2020年6月改訂)

ブラック企業であることに気がつき、早く脱出する方法について、まとめてみました。

一日でも早く今の状況から抜け出したい!って気持ち、ほんと良くわかります。
自分にはまだ余裕がある!と思っている人も、実は追い詰められている場合もあります。
是非、参考にしてもらえればと思います。

ブラック企業すぎて命の危険を感じる場合

脱出カプセルをいち早く作って、早く脱出しましょう!

一生懸命頑張っている間は、そこが超絶ブラック企業だと気がつけない場合が多いです。
頑張るって良いことだと思うのですが、時として、人の視界を奪い、考えを狭めてしまいます。

私も某有名Web広告ベンチャーに勤めていた時そうでした。

午前0時に締めた売上データの検討と改善施策を、翌朝8時の社長役員会議に間に合わせるため、午前5時まで分析&レポートを作って帰宅、1時間家にいてすぐ出社。土日ももちろん、平日にできなかった仕事のために出社します。

会議ではショートした売上の補填方法から、売上達成したらしたでその理由とナレッジ化について、毎日毎日、社長とその側近に怒鳴り声で問い詰められ…といったことを1年ほど続けていました。

「君は、そこの植木鉢の土を喰っても、この売上を達成するよな?」

私が29歳の時、1歳年上の30歳の社長に毎日そんな暴言を浴びせられ、それでも自分の事業だと思い必死に歯を食いしばって頑張っていました。
そこは世間でも有名な某渋谷系イケイケWeb広告ベンチャー。大学のサークルで行われるような”いじめ”も毎日頻発しています。

関連記事:某有名ITベンチャー(上場)が教えてくれること – 転職が教えてくれること1

あるとき、朝5時に家に帰ろうと、ふと”窓の外”を見てしまったのです。

「ここから飛び降りたら、3時間後の社長会議に出なくて良いんだよな」

朝の青い光が差し込んでくるオフィスフロア。なにか別件の解決がうまくいかず机で泣きじゃくる同僚。分室のビルだったので窓は少しだけ開くことができました。その間に身をすり込ませようと身を乗り出したところで…なんとか思いとどまることができました。

「死はほんの身近にある」と気がついた瞬間でした。

もしあなたが似たような状況でしたら、速攻で退職届を出した方が良いと思います。

命以上に大切なものはありません。

後ろも振り返らず、100メートルダッシュで逃げだしましょう。

大丈夫。逃げたって、あなたには別天地が待っています。
月々の支払い、借金の返済、貯蓄がない、等々、色々あるかと思いますが、命を失わなければなんとかなります。

たぶん、追い詰められている人は、きっとまじめで、少し不器用で、だからこそより一生懸命がんばってしまう人だと思います。
そんな人には、もっと良い職場が沢山あると思います。

命の危険を感じる場合は、なにわともあれすぐに退職届けを出す

まず、退職届をだしましょう。
そして、そこにいる人々とはもう関係なくなるので一切気を遣うのはやめましょう。

色々言われるかもしれませんが、あなたはもう辞めるのです。そことの関係は何日かしたら完全に切ることができます。同じ業界だからまた顔を合わせるかも?仕事の関係があるかも?そんなことは気にしてはいけません。他社に移ってしまえば、あなたはそこの社員です。そして、辞めてしまえば、同じ業界だろうと会ったり仕事の関係があることは、まずありません。一切のことは気にせず、訴えられない程度に適当に引き次をやって、さっさと辞めてしまいましょう。

辞めることを決めたら、すぐに自分のスキルと経験の棚卸しと、職務経歴書、ポートフォリオ、履歴書の作成から、転職エージェント、転職サイトへ登録、転職先探しを開始します。これが緊急脱出カプセルです。脱出カプセルはなるべく早く作って、速攻で乗り込みましょう。

転職の理由の一つに、現在の状況から脱出したいを用意しておきます。
後日記事にしますが、ブラック企業からの脱出の場合は、自分のPRのポイントをしっかり押さえた上で、必要なら現在の職場の状況を感情的にならずに、可能な限り客観視した内容で面接の際に伝えることが重要です。

それで不合格にするような企業でしたら似たような職場と言うことです。むしろ面接でわかってラッキーくらいに考えておきましょう。

関連記事:ブラック企業から早く脱出するための6箇条

 

次の項目に当てはまる場合は、確実にブラック企業

下記に一つでも当てはまる場合は、ブラック企業です。
自分の会社に当てはめて考えてみることをお勧めします。
たいていの場合辛さが先行して視野狭窄となっていて、

自分も大変だけど他の人も大変

きっと他の会社もこんな感じ

と思ってしまっている場合が多いです。
本当の意味でブラック企業が恐ろしいのは、

ブラックだと自分で気がつかない、或いは、ブラックだと思いたくない心理

にあります。
ブラック企業に自分がいるという認識を持てずに、どんどん追い込まれていってしまい、最終的には自責を強く感じて、最悪、自殺に及んでしまうことです。

下記に一つでも当てはまる場合は、ブラック企業に自分がいると認識した方が良いと思います。

労働基準法に抵触する労働時間が働くことを強要される

労働時間・休日 |厚生労働省

に記載されている条件に反する働き方を強要される場合はブラック企業に該当します。
特に、

  • サービス残業
  • 仕事の持ち帰り

を強要される場合はさらに悪質です。
また、従業員の労働時間を積極的に把握せず、超過労働を行わせている企業も同じです。
法律違反を平気で行う企業はブラック企業です。

怒鳴る、罵倒される、恫喝される、人として心ないことを言われる

昭和~平成では良くありましたね。
現在は、怒鳴る、罵倒、恫喝、また、人を明らかに傷つける心ない言葉は”暴力”であり、犯罪行為です。
犯罪とは刑法の構成要件に該当しなければ犯罪ではないというバカがいますが、それが社会通念上認められない行為はやはり犯罪と同じと考えるべきですし、犯罪として取り扱っていく法改正や法律の制定が必要です。そうやって世の中はより良くなっていくと思います。
他の会社も一緒ではなんて絶対に思わないで下さい。
このご時世でそういった行為を併記で行うこと自体、公序良俗に反する行為です。
構成要件を満たせば、刑法で処罰される場合もあります。

暴力を振るわれる・暴力を行うことを強要される

既に犯罪です。警察に行きましょう。
ブラック企業云々の問題ではありません。
私も15年くらい前に社長室で社長が従業員を木製のハンガーで何度も殴りつけ、血しぶきが社長室のガラスに飛び散ったことがありました。
すぐに警察を呼んで対処しました。ここで私が社長をかばったら私も犯罪者です。
暴力を行われる企業はブラック企業以前に、反社会的企業です。

イジメが横行している

業務上の指示、指導との区別が付きにくい場合もありますが、明らかにイジメの要件に当てはまる場合、その会社は常識的にもおかしいと思います。
もし、経営やマネジメント側が見て見ぬ振りをしたり、積極的にイジメを行う場合は、明らかなブラック企業です。

大人の世界も結局子どもとかわらないので、児童向けのイジメの要件についてが参考になります。

いじめとは?いじめの定義や種類、判断基準を解説

公序良俗に反する行為、法律に反する行為を強要される

公序良俗に反する行為とは、社会通念上認められない行為の事です。
例えば一人を仲間はずれにして孤立させたり、部下を罵倒して貶めたりも公序良俗に反する行為です。
また、各種法律に反する行為を強要することは違法です。
こういった社会通念上、或いは、法律に反する行為を強要されている場合も、間違いなくブラック企業です。それが氷山の一角でもっと大きな部分で問題を抱えていることは確実です。

公序良俗に反する行為の具体例

労働基準法違反となる15のケースとそれぞれの罰則

企業犯罪の種類(一部)

以上に一つでも当てはまる場合は、あたなはブラック企業にいます。
キルゾーン、生死に関わる場所にいると思って下さい。
その上で、これからの自分の人生をどうしたいのか、あらためて冷静に考えて、ブラック企業を辞めて転職し、別天地に向かうことを是非選択して下さい。

 

命の危険は感じないが限界は近い

脱出カプセルをすぐに作った方が良いか判断が難しい場面もあります。

判断が難しいところでもあり、自分自身をよく振り返って、冷静に考えてみて下さい。

意外と気がつかない間に、とてつもなく追い詰められている場合もあります。

ふとした瞬間に、I can flyしないように、本当に気をつけて下さい。

大切なのは、その会社を辞めると決心すること。

決心したら、何を言われようと、気にせず、マイペースで現在の業務を行っていきましょう。
周りや、上の命令に会わせる必要はありません。
ずうずうしいくらいがちょうど良いと思います。
必死になって、どんどん追い込まれて…といった展開にならないようにします。

まだ、自分には余裕があると本当に判断ができるのであれば、次の転職の準備を開始します。

こちらもまず、自信のスキルと経験の棚卸しからスタートして、職務経歴書、ポートフォリオ、履歴書の作成から、転職エージェント、転職サイトへの登録と、転職先探しを開始します。

関連記事:早く転職したい!転職を早く成功させるポイント

現在と同じレベル感での転職でしたら、現在の自分の、経験、スキル、知識についてしっかり把握しておき、転職希望先の企業の必要とする要件に合わせて、効率的にアピールできるようにします。自分の持っている、経験、スキル、知識と、志望先企業の必要要件をよく照らし合わせて、マッチングしていることを伝えましょう。

難しいのは、次の職場で、年収アップ、スキルアップ、役職アップを狙うかどうか。狙うようでしたら、次の会社が決まるまでに、時間を必要とします。

その間、現在のブラック環境に耐えられるかどうかがポイントです。
転職活動とは、在職中から次の企業に転職するための準備をして行く過程も含まれます。
例えば、次の職場で役職アップを目指したいなら、役職をアップさせるための経験や知識、スキルのアップを現職で行っておくことが重要です。

次の会社にたどり着くまでにどのくらいの大きさや性能の船を作るのか、よく検討しましょう。
より良い新天地を目指すとなると、やはりどうしても、時間がかかってしまいます。

現在、命の危機に瀕する可能性があるブラック企業で転職活動を行ったとしても、ステップアップのための準備は難しいと思います。ですので、

今より良い条件での転職活動は、次のブラック企業ではない会社で行う

として、ブラック企業ではない転職先が見つかったら、すぐに転職してしまうことをお勧めします。

 

最後に、

命以上のものはありません。

死ぬくらいだったら、さっさと退職届を出す。
そして、脱出カプセルを早く作って、次の新天地に向かいましょう。

関連記事:読ませる職務経歴書 - アピールエリアの設置で認知を高める